トップ > 畑をつくろう > 土を作ろう
野菜栽培の流れ
野菜栽培の準備
特集

土を作ろう

野菜を育てる土。おいしい野菜を作るには土が重要な要素です。
良い土とは
「水はけが良い」「水もちが良い」「通気性が良い」これらの条件をクリアした条件が良い土です。
水はけが良いのに水もちが良いというのだから難しそうですね。
1.土を入れる
今ある土を良い土にするのは結構大変です(うちの畑も悪戦苦闘中)。でもこれから土を入れるなら簡単です。
赤玉土、腐葉土、堆肥を1:1:1の割合いで入れ、よく混ぜればOK。これならできますね。
2.酸度を確認する。(石灰をまく) 種まき2週間前
酸性に傾きやすい土を中和してくれるのが石灰。石灰にもいくつか種類がありますが、苦土石灰はマグネシウムを補えます。消石灰は効き目が強く即効性があります。
野菜の種類によって適するの酸度の違いがありますが、一般的にはpH6.0〜6.5の弱酸性が理想的です。
3.化成肥料をまく 種まき1週間前
化成肥料は成分の割合が袋に記載されています。N−P−Kの割合が8−8−8のものが使いやすいです。
1u当たり100〜200g入れ、よく混ぜます。
※肥料などをまく場合、説明に「1u当たり〜」と書かれていることが多いので、畑の面積を把握しておくと良いでしょう。
ページの先頭へ▲